憂鬱になる病の症状と対応

女性

特有の症状とケアの方法

人間の思考や感情さらに睡眠、食欲などの生活リズムを調える中枢神経の活動は、脳の神経細胞のネットワークが大きく影響します。ネットワークを円滑に作動させるのが、セロトニンやノルアドレナリンというような神経伝達物質になります。 うつ病は、一口で言いますと、こうした物質が不足気味になることで情報伝達にトラブルが起きた状況です。結果的に、自律神経、あるいは感情それから、睡眠などに悪影響を及ぼして、寝つけないや食欲がないなどの状態になります。具体的には、心の症状として、心が晴れない、或いは落ち込む、物事に関心がわかない などの状態に陥ります。そして、身体上の症状としては、寝つけない、睡眠時間がとれない 、食欲がないなどの肉体的な症状が生じます。 そうした身体的異変を感じ取ったり、或いは第三者から何かあったと指摘されたりして、数週間たってもうつの特有の症状そのものが継続していくようなら、さしあたって気楽な気持ちでクリニックの心療内科並びに精神科まで足を運んでみましょう。うつ病の手当ては充分な休養と薬治療という柱で進めます。加えて、理解の仕方などを良化する精神療法を結び付けた治療が行われることもあり得ます。治療は薬とともに、休養をとることが必要不可欠になります。責任感の非常に強い患者は、仕事を休む、炊事洗濯をやらないことは良くない事と見なし、そう簡単には休みをとりません。しかしながら、精神と身体の両方共にストレスがかかった状況では、治療成果は期待できません。さらに、とりわけ精神科の薬に抵抗感を有している人もいるかもしれませんが、うつ病も別の病気と同じ様なもので、薬治療で身体の中の異常を改善することが不可欠です。うつ病は医者から処方してもらう抗うつ薬というタイプの薬が有用だと言われています。また、うつ病の精神療法については、ぶり返しを阻止するために役に立ちます。認知行動療法は、患者にみられるネガティブな思考パターンを、専門知識とキャリアをもつ医者との話しあいを通じて整理し、フレキシブルな思考パターンにしていくものです。

Copyright© 2018 うつにも色々な種類がある【自分自身の疾病にマッチしたケアをする】 All Rights Reserved.