憂鬱になる病の種類と要因

ハート

二つの種類と主な要因

うつ病は、症状そのもののあらわれ方により、大うつ病性障害及び双極性障害に分けられます。一般的にいってよく扱われているケースは、大うつ病性障害になります。また、双極性障害は、躁症状が出現してくるのが特色といわれています。症状が出ているケースで両方の識別が困難なことでも知られています。 この2つは、疾病の経過は当然の事ですが、治療に利用する薬も異なります。そのため、自分自身の疾病にマッチしたケアをするには、第一にしかるべく診断を行なって貰うことが重要といえます。 症状に関しては原則として大きな相違点はありません。しかしながら、特有の症状は広範囲に及ぶので、個人ごとに症状の発生のしかたは違いがあります。前者は抑うつ気分並びに物事に向けての関心が低下する特有の症状のほかに、体重低下や疲れることが多い、睡眠障害といった身体的症状があらわれます。後者については、何でもこなすと考える躁の状況と、抑うつ状態の2つの極度の気分の波が生じるのが特徴になります。うつ病になる原因については、もとからの性格並びにとらえ方の傾向、さらに環境に加えて、体質も関与するといわれています。 うつ病がどうして発生するのかという、その要因や発症メカニズムに関しては、依然として確実なことはわかっていません。しかしながら、いままでの研究から脳の中において感情をコントロールしている神経伝達物質のバランスが失われてしまうことが要因の1つと言われています。 脳については、数えきれないほどの神経細胞で形作られています。神経細胞は、神経伝達物質を介して情報を伝えます。しかしながら、ストレスを抱えたり、心と身体共に疲れていたりすると、神経伝達物質の働きも十分ではなくなります。その中にあっても、気分を調整するセロトニンやノルアドレナリンという名の神経伝達物質が機能しなくなると感情をコントロールできなくなり、うつ状態に変化するといわれています。 要するに、うつ病と言いますのは、メンタル的、フィジカル的疲労が継続していくうちに脳のセロトニンやノルアドレナリンという名の神経伝達物質の活動に異常を来し、その結果色々な症状が出る病気といえます。

憂鬱になる病の症状と対応

女性

うつ病は脳と精神の病気で、特有の症状が生じることから治療しないと悪化し、社会生活に悪影響を与えますので、可能な限り早い内に治療をスタートすることが重要です。具体的には、休養と薬治療および精神療法が必要になります。

詳しく見る

ストレスに弱い人は要注意

ウーマン

うつ病の発症にはストレスが関係していることがわかっています。また、ストレスを強く感じやすい気質の人にうつ病が多いとされています。うつ病を予防するためにはストレスをためないよう気をつけることが大切です。

詳しく見る

専門医を頼ろう

ハート

うつを発症する患者は年々増えていますが、正しい情報を把握して治療を行えば完治が見えてきます。メンタルクリニックを早めに受診して、適切な治療をすることが大切です。再発にも注意して、自然体で毎日を過ごしてみて下さい。

詳しく見る

初めての病院探し

男の人

うつ病が増えてきたとは言え、実際に自分がうつ病と言われてしまうと、とても不安に感じてしまいます。精神科や心療内科というと、昔程ではないですが、やはりまだまだ敷居が高い科です。自分に合った病院選びをすることが完治への近道です。

詳しく見る

薬物治療と休養が必要

鬱

うつになった場合にはきちんと精神科や心療内科を受診するようにしてください。そこでは主治医との信頼関係を結ぶことが治療効果を上げるために必要なことで、それだけでなく自宅で心身ともに休養することも忘れないようにします。

詳しく見る

Copyright© 2018 うつにも色々な種類がある【自分自身の疾病にマッチしたケアをする】 All Rights Reserved.